TALKFULLNESS | Remakeway株式会社

オンラインカウンセリングのRemakeway株式会社

Remakeway(リメイクウエイ)では皆さまへの「寄り添う心」を 基本にして「メンタル・リフレッシュ」を実現する『ヒアリング・マインドケア』をご提供いたします。

TALKFULLNESSTALKFULLNESS

TALKFULLNESS

オンライン・カウンセリング

多くのカウンセリングの基本であるヒアリング(傾聴)ディスクロージャー(自己暴露)をベースとしたオンラインでの「ヒアリング・セッション」(※3)による心のリフレッシング・サービスです。

TALKFULLNESS 専用サイトはこちらから

TALKFULLNESS

「話すこと」の大きな影響と効果

人が話すときには、左脳の大脳皮質の中央部分あたりにあるブローカー野が関与します。

「話すこと」の大きな影響と効果

人と人とで「会話」をする場合単純に脳を使うことになり、言語中枢に刺激を与える脳が活性化します。

「自分のことについて話す」3大効果

1カタルシス効果

自分自身が思っていることを話すことで普段は潜在していて閉じ込めていても、身体や行動にダメージを与える「負の感情」を手放す癒しの効果があります。

思っていることを言語化することで、意識化や発散が進み癒しにつながります。

カタルシス効果は、素晴らしい音楽や映画、スポーツ競技などの観戦で「感動」により落涙する場合の心理状態と同一です。

こうした状態にあるとき、従来脳の「幸福物質」と呼ばれており、医師が処方する薬で痛みや疼痛の緩和作用がある「セロトニン」の放出や、それに伴う「ノルアドレナリン」(交感神経の刺激物質)を適度に調整され「スッキリした」状態が、心身共に体感できます。

2自己暴露は快楽ホルモンを放出

米国科学アカデミー紀要に掲載されたハーバード大学のミッチェル博士らの論文では、ただ話をするだけでなく「自分について話す」ことで、快楽をもたらす脳内物質ドーパミンが増えることがわかっています。

20世紀を代表する音楽グループ「ビートルズ」のアルバム"Let it Be"に収録されている曲に、"I me mine"と言う曲があります。

All through the day, I me mine I me mine, I me mine....
All I can hear, I me mine I me mine, I me mine.


[訳詩]
一日中、自分のことばかり自分のことでいっぱい...
聞こえてくる話は、どれも自分たちのことばかり。

解散直前の緊張間あるバンド内で「自分が自分が」と主張しているメンバー間の確執を表現した曲だとも言われていますが、ストレスがある環境では「自分のことを話す・主張する」行為は、暑いときの発汗、寒いときの身震いと同様の「自然な生態防御行為(反応)」であるとも言えます。

3「気づき」による問題解決

自分のことを話す中で、自分自身も知りえなかった自分が囚われている「悪い感情」が浮き彫りになります。
自分を苦しめる「感情」を「気づき:認知」によって、ストレスを緩和することが可能です。
これらは心理療法である「認知行動療法」などでも基本対応の一部となっています。

対面セッション

しっかりと皆さまの心に寄り添い、感情や想いを受け止めることを、ヒアリング・セッションの基本事項として、お話しされることを機微に渡り正しくお伺い・ご助言することを主軸に置くため、当社のコンシェルジュをご利用いただく方は原則的に、Zoom/Google Meetなどのオンラインツールを利用し、お互いの顔が見える中での「オンライン対面セッション」を基本にしています。

対面セッション

非対面(通話のみ)対応の心理影響

多くのカウンセリング、傾聴サービスが電話を用いた対応を行っていますが、TALKFULLNESSではコロナ禍の中で利用普及率が急速に増大したZoom/Google Meetなどのオンライン「対面」ツール(※4)を用いたセッションを重視しています。

心理学上のデータでは、非対面コミュニケーションにおいて電話対応の場合、聞き手に及ぼす心理的影響で対面時より大きくなるのは、「話し手の感情」が最も高くなり、様々な感情の中でも「不安・恐怖」が「喜び・楽しみ」より高くなります。

更に、同じ非対面コミュニケーションであるSNS(LINEなど)、メールに比較し伝達内容の「正確性」が低くなります。

コミュニケーションツールとして電話は最も簡易である反面、正確性や正しい感情が伝えられず、これらのデメリットや特性があるが故に「振り込め詐欺」などの犯罪利用が多くなる傾向が伺えます。

言語を超えた表情効果

マサチューセッツ大学の心理学者 エドワード教授の「無表情実験(Still Face Experiment)」では、2歳児以下の赤ちゃんに接する際の「母親の顔表情」について、母親が無表情で接する場合の強い心理不安感を証明しています。

カウンセリングと赤ちゃんの育児対応は同一の理論で置換できるものではありませんが、セッションを行われる方々には母子育児の如くしっかりと寄り添い、正確な対応やネガティブな「感情」を開放する面においては、両者対面での対応が有効であると判断しています。

※セッションをご利用される方の所有端末(スマートホン、PCなど)の有無や通信環境の適合可否その他の都合により、電話のみでのセッションを実施する場合もございます。

言語を超えた表情効果

心に寄り添うカウンセラー:ヒアリング・コンシェルジュ(HC)(※1)

TALKFULLNESSでは、ご利用される方の心の重荷となるファクター(要因)を各種の心理鑑定テストから解析し、心を解放する最も有効な姿勢:ヒアリングを基本にした「カウンセラー」のことを定義しています。

心に寄り添うカウンセラー:ヒアリング・コンシェルジュ(HC)

※「コンシェルジュ」の由来は、ヨーロッパ中世の時代に、巡礼者が訪れる教会に常駐し、ホスピタリティー(思いやりと暖かさ)を持ち巡礼者を迎え、旅のトラブルや要望奉仕をしていた相談・案内担当者のことです。

一般的には「ホテル宿泊客への総合案内係」として、宿泊客のあらゆる要望やサポートに対応することが基本で、近年はホテルに限らず、ステーションコンシェルジュ(JR)やボーテ・コンシェルジュ(伊勢丹)など、種々の施設で同様の役割を担う人が「コンシェルジュ」と呼ばれています。

※1:

当社に在籍するカウンセラーは、皆さまひとりひとりの心に「誰よりもしっかり寄り添う」ことを基本にして、心理鑑定診断の結果を基本にしながらも、より柔軟性のある、フレキシブルな対応でご相談される方のサポート・問題解決に努めます。
そのため、一般的なカウンセラーとは異なるスタンスであるため、当社ではヒアリング・コンシェルジュ(HC)と総称しています。

※3:

「ヒアリング・セッション」とは?
TALKFULLNESSでのカウンセリング(サービス)では、ご利用される方の「心の開放」をミッションとしています。
心を開放する最も簡単で有効な方法は、お悩みを持たれている方が「お話しをする」ことが基本になるため、皆さまが安心して充分なアウトプットを行える環境でヒアリングを行います。

※4:

現在蔓延中(2020年12月現在)であるコロナ禍の影響を鑑み、更にはご利用される方の即時性を基本としているため本サービス実施の利用採択をしています。
直接対面する「カウンセリングルーム」は併設していません。